裁判

相談

離婚相談から裁判離婚に行く人はそんなに少なくありません。
裁判を利用する場合、使うのは離婚カウンセラーだけでなく弁護士を立てる必要があります。
明確な証拠や意見を用意しておかなければ、裁判の舞台で発言を間違えれば取り返しのつかない事になります。
裁判の場所で下った判決は絶対になる為に、ミスをすればどんでん返しで負けたり、親権を取られてしまう可能性もあります。… Read more

慰謝料

女性

中には勘違いしている人がいるようですが、離婚の慰謝料は有責側が支払う物です。
女性側や生活力の無い人が貰う物と感じている人が稀におりますが、これは被害者側が受けた精神的苦痛をお金に換算した物ですから、有責者が受け取る事はありません。
また、この慰謝料は法的な効力を持っている為に、支払わなかった場合裁判所等を通して財産や給料の差し押さえをする事が出来るようになっています。
支払わない、逃げると言うのは通用しませんし、逃げれば親、兄弟、親戚に自分の悪行が知れ渡る事になります。
離婚相談は離婚カウンセラーへ1度言うべきなのは、このような意外と知らない法律の知識を勉強して諦めない心を持つためでもあります。
Read more

理由

男性

裁判で離婚するかしないかを決める場合、法律上で定められている正当な離婚理由が必要になります。
まず、1番最初が不貞行為です。つまり浮気等ですね。
これは当然離婚理由になりますから、遠慮なく裁判を起こして問題がありません。
しかし、長年夫婦仲が破綻している状態で不貞行為が認められた場合、離婚は出来ても慰謝料の請求等は出来ない可能性があります。
また、状態によってはこちらが慰謝料を支払う事になる場合もある為に、必ず離婚カウンセラーへ離婚相談をしてから動いて下さい。… Read more

不明

バンザイ

とつ前の疾走や生死不明と言う状態になった場合でも離婚は成立します。
この内容で離婚相談に来る人が以外と多いのですが、生きているんだか死んでいるんだかわからない状態で3年以上経過すると問題なく離婚できます。
もし、他の場所で違う人を配偶者としていた場合は詐欺や浮気として裁判で慰謝料請求をする事も可能になります。
捜索願等を出してもしもの時にこちらが有利に動く事が出来るようにしなければいけません。… Read more